2型糖尿病が始まってしまいました

2型糖尿病が始まってしまいました。自分の記録として40代後半にして初のブログに挑戦です。

血糖値に何が起こったんだろう?&懺悔

もうすぐ糖尿病内科を受診するので、いやいやながら本日より久々に測定再開。


今日もいつもの感じのお昼です。


玄米(もち麦・黒米入り)115g(刻んでます。120へのせめてもの抵抗)
トマト、酢キャベツ、豆腐50g、サラダチキン
どうせスパイクしちゃうんでしょーーーー
そう思いながら食前測定
88 あら低い、どうしたのかな。
そして食後90分 136


えええええーーーーどうしたの!? 200位あると思ってました。
(今日は、インスリン事前発動も、サプリも使っていません。)
でも、90分を測定する前、ちょうど60分位に激しい眠気に襲われていました。
ピークが60分だったのかも知れません。
その時に測れば良かったけど昼休み終わってしまいそうなのと、あまりにも眠すぎて席を立つことが出来ませんでした。


あれは何だったのだろう、と思いながら家に帰り、夕飯の支度をして…
夕食前 87 あら低いどうしたのかな(2回目)。さっきのは誤作動じゃなかったのか。
食後90分 120 え?え?え??
夜は、サラダ、味噌汁(長生き味噌汁。ふのり・しめじ・ねぎ)、
もやしナムル、こんにゃく煮物、焼きシャケ、手羽元さっぱり煮、
ごはん100g位(白米・もち麦・黒米)を食べました。


夜も、いつもこのくらい食べています。
何も変わっていません。
どうしたんだろう?測定の機械壊れた?
近々糖尿病内科で血糖値測ると思うので、そこでこの値と齟齬がないか確かめてみますね。


生活はほぼ変わってない。ここしばらく測定しなかったのを悔やみます。
なんでこうなったんだろう。
変わったことと言えば、
・測定を凹む&めんどくさいからやらなくなった
・コーヒーを飲み始めた くらいでしょうか。


もともと、コーヒーはかなり飲む方でした。
でも、糖尿病患者にはコーヒーは良いとか悪いとか諸説あるようなので、
控えて基本的には緑茶や紅茶にし、コーヒーは1日1杯程度にとどめていました。
でも、なんかもういいや、という気になって2,3杯は毎日飲んじゃってましたね。
もちろん、ブラックコーヒーですが。


測定しなくなってストレス減?


正解は分かりません。
今日一日のスペシャルボーナスで、明日は元に戻ってるかも知れませんし。
外食も多かったし。。。膵臓が鍛えられたのか!?まさかね。


だって金曜日はこんなことしてました。悪い患者です。懺悔。

(注意:写真は3人分です!一人で平らげてません)

↓こんなのまで。。。食べてしまいました

↓そしてお土産にこんなの頂いてしまいました。
(注意:3個食べたのは主人です、私は1個ですよ! 子どもは嫌いで食べず。)



長生き味噌汁↓
医者が考案した「長生きみそ汁」 みその効果と“みそ玉”の作り方 | 自律神経と腸を整える 最強の食事は長生きみそ汁
 




旦那の血糖値がうらやまし~

終末は義母のところへ行くのが恒例ですが、台風の影響を心配した義母が、今週は来なくていいよー、とのことで、久しぶりに家族で外出。
とはいえ、近場のショッピングセンターですが。
暑くて公園とかに行く気がしません。(子供すら「暑い」と外に出るのを嫌がる)


うちの主人は外食大好き!食べ放題大好き!…です。
今日もショッピングセンター内のレストランを物色し、本当は食べ放題レストランに入りたいだろうに、珍しく私の事が気になったのか、定食屋さんを指さし「ここにする?」と聞いてきました。


見ると、例の一つとして、サバ塩に小鉢と味噌汁とかで千円以上。
今朝、私は近所のスーパーの朝市に参戦し、サバフィレを1切り身100円で買ってきたというのに。これに千円以上払うの嫌だな。


あとは、スパゲティ屋さん、回転ずし、蕎麦屋。
と、洋食中心の食べ放題レストラン。1400円位。サバ塩で千円よりはいい…かな?
ビュッフェでサラダとか沢山食べればいいか。


ビュッフェが許され嬉しそうな主人。
喜々と料理を取ります。
可哀想に、子供の分まで取って食べるように強要しています。
(ビュッフェに来てるんだから好きなもの食べさせてあげればいいのに)


私はサラダを山盛り食べて、次は豆腐や煮物などの植物性のおかず。
グリルチキンを食べて(お肉料理はチキンと焼売のみでした、焼売は糖質の関係でパス)、チゲスープを軽く1杯食べました。


衣の分厚いアジフライ、ぱっと見て衣ばっかりと思わせる唐揚げ、ポテトフライ、春巻きを眺め、この辺は危険ゾーンなのでスルー。


もっとも品数が多いのは、やっぱり主食ゾーンですね。
カレー、チャーハン、ピザやパスタ数種類、白ごはん、炊き込みご飯、ラーメン、ドリア等々  食べたい。。。けど我慢我慢(でもチャーハン・ドリア・パスタを1口ずつ食べました)


デザートに白玉・かんてん・あんこ・黒蜜があるーーー
大好き!!!だけど食べられない。
私は小さくカットされたパイナップル、オレンジ、ロールケーキを1つずつ食べました。
みんな1口サイズです。もっと食べたいけど我慢我慢・・・


一方、次々と口に押し込み食べていく主人。
たっぷり食べて、デザートもしっかり食べる&おかわりまで。
でも痩せてます。運動もしてないのにこのエネルギーどこへ行くんだろう。


先日、主人の空腹時血糖が114もあったのがほんのり気になっていたのか、食後血糖値を知りたがり始めました。


食後60分で測定


124


うらやましいなあ。



心折れて測定すすまず

毎度毎度血糖値を測る度に、スパイクしているのがわかり
何となく心も折れて最近は測定回数も減っております。


週末などは、ダメダメの週末として記しましたが外食と運動不足のコンボ攻撃も多く
測定結果を見るのが怖くて測定していませんでした。


が、まあ一応やっておくか、で久しぶりの測定。


お昼前におやつをちょっと食べて遅延型インスリンを先に呼び出し。
前回は食事の30分前に食べましたが、私のインスリンは測定範囲内では2時間値が最も高いので、食事50分前に。
前回、糖質10gの間食をしたら、昼食前の血糖値が144と、健常人ならこれだけでoutの数値になってしまったので
今回は糖質5gを目安に。


昼食前血糖値は130
私の普段の食事前は100~110が多い。
私の場合は糖質1に対して3以上血糖値が上がってしまう事が多いので、
糖質5に対し20~30upでいつも通りの感じ。
せめて2位の上昇になって欲しいのですが、何とかならないですかね…


骨にカルシウムプラス、というお菓子を食べてから50分後にお昼を食べる。

今回は酢キャベツ、トマト、魚肉ソーセージ、チーズデザート、カレドショコラ88に、
パスコの低糖質パン2枚にスライスチーズとたっぷりレタスを挟んで。


いつもの豆腐を持ってくるはずが、子どもが夏休みに入り(給食が無い)お弁当が必要になったのでドタバタしていて忘れてしまいました。
毎回長期休暇中はこうだというのに、いまだ慣れません。


さて、90分後は169でした。


うーん? 低糖質パンの割には高いですね。


以前のチャレンジ、やはり糖質5の事前摂取の上で
昼食前130→食後90分161→120分173
このときはアップルパイ(糖質24)を食べていたので今日より糖質多かったはずです。


あまり関係ないのか、私の耐糖能が低下しつつあるのか。
パッとしない結果でした。


こんな私の結果よりも、有名なブログなので誰しも知っているかも知れませんが
私が糖尿病発覚時にあちこち見たブログで、事前にインスリンを呼ぶ作戦を知った幾つか中でも、呼び水作戦の他にも多くのことを学んだブログがあります。
「カーボカウントな日々」というブログです。
この中で「インスリンの事前発動」、「呼び水はカーボに限る」という記事です。
(私はこの方のようにきっちりできないし、耐糖能も低いので上手いこといきませんが。)
全ての記事がとても参考になるブログなのですが、2016年3月から更新が無いのが残念です。
復活してくれないかな。



また、この他にも現在進行形で超有名で大人気のブログ。
マルコさんの「うちの夫が糖尿病になっちゃった!」
私のブログなどを読んで下さっている皆さんなら、とっくにご存知ですよね。
私も大好きです。
まず記事が面白い、1記事あたりの情報量も多いのに飽きさせない内容で、飛ばし読みをするのが勿体無くて隅々まで読んでいます。コメント欄にも有益な情報があったりして、そこも見逃せない。


自分の糖尿病発覚後から読み始めたのですが、自分の性格上、「始めから読みたい」と思い最新記事を見たいのをガマンして時系列に読み続けているのですが、有難い事に情報量が多くて隅々まで読みたいしで、なかなか最近の記事まで追いつきません。


読んでみると、初期の記事で高血糖のこととか、栄養のこととか、現在の私がまさに悩んでいる内容があったりして、何度も読み返してしまったりして。


ですが私が「呼び水作戦」を試してみたちょうど同時期に、「糖質ファースト」を試されていて、「わあマルコさんと同時期に♪♪♪」なんて内心喜んで内容が超気になっていたのですが、記事を順番に読みたいのでジッと我慢。。。していました。
しかし、先日、とうとう我慢できずに時系列を無視して読んでしまいました。


きっちりとした計算・管理で成功されているようですね。
やっぱり、何度も試して、実験・実測あるのみですね。


私は値を見るのが辛かったり、めんどくさいとか、忘れちゃうとかで、なかなかちゃんと出来ていなかったな。


「カーボカウントな日々」の方はお菓子でインスリンの事前発動をうながしているので、ずぼらな私でもこっちはそんなにハードル高くないのに。


頑張らないといけない。。。


でも今日も測定忘れちゃいました





ダメダメの週末、足の痛みを感じ安堵

以前より闘病中の義母、最近調子が思わしくないので、週末は義母の病院へ行くことが多いです。
義母の病院までは車で1時間半弱くらいでしょうか。


昨日は主人の希望で病院近くの「びっくりドンキー」でお昼を。
一瞬車を止めるところないかな、と思いましたが、ここの駐車場は珍しく警備員さんがいて、笑顔で空いているスペースを指さしてくれたのですんなり入店。


お店に入りメニューを見る。
んーやっぱりハンバーグが殆どでその他のメニューがあまり無い。
ハンバーグ、サラダ、ごはんが1プレートに乗った「ディッシュ」メニューが殆ど。
ハンバーグ単品で頼もうかな~、と思っても、単品の方が高い!
ディッシュよりもハンバーグの量がちょっと多いのですが、そんなに肉を沢山食べたいわけでもないし。


ご飯を半分残せばいいかな。まだお昼だし…


と、自分に甘くレギュラーバーグディッシュを注文しました。
料理が届き、まずはご飯を半分残すように、盛られたご飯を半分に分けました。
サイドメニューで注文した味噌汁を飲み、次はプレートのサラダを食べ、ハンバーグを半分少し食べたところで、ごはんと一緒に食べようかな?と思いました。


しかし食べているうちに、ハンバーグやサラダから出た水分がご飯を侵食し、一部べちゃべちゃに。
どうせ残すのだから、浸ってない部分を食べて、べちゃべちゃのところを残そう。
そう思って目視で半分程度食べた。そのつもりでした。


でも食べ終わった皿をちゃんと見てみると、ごはんの残りは少ない。
3/5位は食べてしまったようです。これは会社のお昼で普段食べて血糖値200以上スパイクしている110gや120gよりも多いです。
しかも、玄米ではなく白米。ハンバーグですからつなぎだって使われています。


やってしまった。
主人と子供がお手洗いに行っている間、私は会計を済ませ、お昼時間が過ぎてお客さんが誰もいない駐車場に戻り、主人たちが戻って来る前に車の前でゾンビ体操をやって待っていました。短時間でできるので。

気づくと警備員さんが困惑して私を見ていました。
ぽっちゃりオババが誰もいない駐車場で謎行動ですよ。変なもの見せてごめんなさい。
どうかあの警備員さんが「ゾンビ体操」を知っていて、あー体操してるんだな、と思ってくれていますように。
せめてスクワットだったら「運動してるんだな」と理解してもらえたのに。失策。


義母の病院では病室で義母としゃべったり一緒にTVを見ているだけ。
食べた糖質を消費することもなく。
だいたい夜まで病院にいるので、今日は運動もあんまり出来ないなあ。


しかし昨日はいつもと違い、ひょんなことから話題が市内にある和菓子屋さんの話になり、そこの和菓子が食べたいね、と言い始めました。
その和菓子屋さんまでは病院から徒歩15分位。
義母は食欲もなく、食事をほとんど食べることができません。
和菓子1個でも、食べられるなら食べてほしい。
しかも散歩できちゃう! 一石二鳥です。


喜んで買いに行きました。
私はここ数か月で体重が減ったことにより、昔(今の体型に近かった)の靴を発掘してたまに履いたりしてました。
今日も、ここ10年履いていなかったミュールを発掘し履いていました。


徒歩10分ちょっとで、その太古のミュールがぶちっと少し壊れてしまいました。
古いし、10年も履いてなかったから劣化していたのでしょう。
せっかく10分ちょっと歩いていてきて、今から戻っても10分以上かかる。
だったらあと数分歩いて和菓子を買って帰ろう。


そう思い、無事和菓子を買って病院に戻ったころには、壊れたミュールで変な歩き方をしていたため、私の足は靴擦れが数か所できていました。
これがヒリヒリ痛い!
こんなに痛いってことは、私の足はまだ神経障害起こしてないって考えていいよね?
そう思うと、痛みを感じることすら嬉しくなりました。
痛いのがうれしいなんて。
義母もそうですが、病気により当たり前の事が当たり前でなくなってしまう。
今あるこの痛みもいつか感じなくなる日が来るかも知れない。
そう思うと足の痛みに嬉しさを感じ少し安堵しました。


面会も終了し、自宅までは遠いので病院近くで夕飯を食べて帰ることに。
また先週も行ったバーミヤンへ。(病院のすぐ近くなんです)
ふたたび翡翠麺を完食してしまいました。
血糖のピークを迎える食後90分は車の中。


完食しちゃったよ。。。
家に帰ってからも、夜遅いうえに、病室に1日いただけでなぜか疲れてしまい運動せず。
やっぱりダメダメの日でした。





旦那の血糖値&義父の糖尿病などについて思う

うちの主人は、パンが好きです。
でも朝食を食べる習慣が若い頃からなく、パンを食べるのは朝食ではなく、昼食、夕食、間食の時くらいです。


ちなみに私も長年朝食を食べる習慣がなく、朝食を食べなくなり二十数年経ちますが、この病気が発覚してから、栄養士さんの指導に従って平日はヨーグルトとバナナ、休みの日は適当ですが何かしらの朝食をとるようになりました。


確かに、お昼と夕食の主食を控えめにすると、1日の摂取カロリーが1000Kcal位になってしまうこともあり、いくらぽっちゃり(現在158㎝・57kg)の私でも急激に痩せたいわけではないので、朝食で少しカロリーを取っておきたいものです。



話がずれてしまいましたが。
今まで旦那の家系では糖尿病は聞いたことありませんでした。


義母は甘いものは好きですが、私の父と同じく飽和脂肪酸には気を付けていて、動物性の脂肪は殆ど取りません。
義母は小柄で痩せ型、すぐにお腹がいっぱいになってしまうようで、おまんじゅうやせんべいなどの間食をすると夕飯があまり入らないらしく、間食した時は夕飯の主食抜きなど、バランス良く食べていました。
そのおかげか、血糖値もコレステロールも全く問題なし。別の持病で闘病中ですが、生活習慣病とは無縁の人です。


うちの主人は男性としては小柄で、痩せ型で太りにくいので、義母の体質を受け継いでいると思っていました。
義父は、身長は平均的、体系はがっちり&ぽっちゃりのハイブリッドな感じです。


主人は夕飯の糖質には少々気を付けていて(中性脂肪は高いので)、白飯は控えめですが、夜更かしした日などはお腹が空いてしまうようで、たまにカップラーメンを食べたり、近所のコンビニへ行き菓子パンやプリンなど買ってきては食べていました。


さすがにカップラーメンや菓子パンを1つ完食するのは罪悪感があるようで、私に1/3とか食べるようによく勧めていて、私も基本的には食べること大好きなので勧められるがままに夜中に食べてしまっていました。
あの時、いつも断っていればーーーー(後悔先に立たず)


そんな旦那は血糖値も問題なし!(中性脂肪は高いけど)と言っていたのですが、
過日朝にふと空腹時を測定させてみると、114もありました。
訊いてみると、Hba1cは正確には覚えてないものの、健診での基準値上限(たぶん5.7位かな?)だったとか。健診時の空腹時血糖は98位だっとか。これもギリギリでは?


うーーん。基準値内だけどさあ。。。
でも家系にいないからいいのかな、遺伝が強いと健診センターの医師も、通っているクリニックの糖尿病専門医の先生も言ってたし。


でも先日義理両親と話していて、私が糖尿病で主食、糖質を控えめにしているという話をしていたら、義父が「Hba1cいくつ位なの?」と。
「Hba1c」を、70後半の義父が知っていることが意外で、聞いてみると義父は血糖値が高く服薬していると言うのです。


発病はここ数年以内で、服薬してHba1cは6台前半をキープしているとのことで経過良好、70後半と言う義父の年齢を考えれば驚くような事ではありませんが。


しかし、義母、私の母(間食しまくりコロコロ体型)、私の父(ある程度節制しての結果ですが境界型糖尿病に留まること30年)が無投薬でそこそこ問題なく生活している事を考えれば、糖尿病の遺伝要素「あり」と考えていいのでは。


主人に気を付けるように言いました、私のように「境界型糖尿病」(一応)でも、ダイエットしても食事制限しても運動しても耐糖能が回復しない。
健診値上限の今こそ気を付けるべきだと。
でも「大丈夫だから!!!」と。
しかし少し気になるようで、夜中のラーメンや菓子パンは、かろうじてやめてくれました。(パン食べ放題は行きたがってるけど)



私の姉(標準体型・健常)は毎年人間ドッグを受けています。
姉は妊娠時に、一時的に妊娠糖尿病にかかりました。これについても、かからない人の方が圧倒的に多い。(私の出産時には、当時は標準体型だったのと、姉よりも出産年齢が低かったおかげか、妊娠糖尿病にはならずに出産することができました。)
姉も、父&祖父の糖尿病なりやすい遺伝を受け継いでいるのでは。


姉も「血糖値とか問題ない」と言っていましたが、気になってドック結果を見せてもらいました。
姉も主人と同じように基準値内ですが上限でした。
同じように、今のうちに気を付けるように言ったらガッカリしていました。


そうですよね、母方から受け継いだ変形性膝関節症が顔を出して、そこへ父方からの糖尿病家系を言われたら。
姉はずっと食事と体型維持に気を付けてて、健康体だと最近まで思っていたのに。


母方の傾向→食べるの大好き(肥満傾向)・膵臓は強い・変形性膝関節症
父方の傾向→食べ物あまり興味ない(痩せ型で太りにくい)・糖尿病(膵臓弱い)
私と姉が貰ったのは、食べるの大好き(肥満傾向)・変形性膝関節症・糖尿(膵臓弱)。


これ、逆ならよかったのに。
食べ物あまり興味ない・膵臓は強い だったらなー。
せめて【食べるの大好き】でも【膵臓強い】が一緒についてきて欲しかったです。


姉が肥満しやすさを認識して、長年食事を節制しているのを見てたのに(結果的に糖尿病対策にもなっていた)、肥満するまで食べて発症した私が今言うのもおかしなことですけどね。


姉とは生活の違いもあるのかも。私はここ2年はパート勤務ですが、その前は正社員として働いていました。
その頃は様々な理由があり、睡眠は1日3,4時間でした。
土日はもっと寝てましたけど(笑)
必要最低限の事をやって寝てしまえばよかったのですが、少しは自分の楽しみが欲しくて、子供を寝かしつけて家事が終わった後、夜中にお菓子をつまみながら録画したドラマを1つ見る、というのが何よりもの楽しみでした。(だから太るんだよ!)
そんな生活なので、今のようにジムへ行ったり散歩する時間はありませんでした。
肥満や運動不足はもちろん、睡眠不足やストレスも糖尿病を悪化させる要因です。
今思うと私の血糖値&体重はこの頃に上昇し、健診の基準値を超えました。
(育児休暇から復職して最初の健診では何も問題なかったのを思い出しました。)
パートになってからすぐに今のように体重を絞ればよかったのに、無知なばかりにこうなってしまって…。


心配なのは、私と姉のこどものこと。
私の子は女の子なので、変形性膝関節症はかなりの確率で遺伝しそうだし、私の方だけと思っていた糖尿の気も、主人の家系からもあると思うと…。


私の子に産んでしまって申し訳なかったなと思います。


でも、何も知らず呑気に肥満する生活を送ってきた私と違って、娘にはこの事を知らせてあげることができる。
なんとか、子供と、姉の子供には糖尿と無縁な人生を歩んでほしいものです。